読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームの話。

 

最近気付けば蝉の鳴き声が聞こえてくるようになりました。

 

大学一年生まで毎夏休みに「ぼくの夏休み2」*1*2というPS2のゲームで遊んでいたのをふと思い出しました。

(ある意味ただ田舎で過ごすということを「ゲーム」で追体験する(更にそれがヒットする)のもなかなかに皮肉に感じられます。)

 

ストーリーもほのぼのとしているようで時には感動的・刺激的であり、カブトムシやクワガタを用いた虫相撲、魚釣り、昆虫採集、王冠集めetcとやり込み要素に溢れているゲームです。何よりもオープニング音楽が素晴らしいのです。

そして小学生の頃よりも大人になった時にプレイした方が面白く感じられてるのかもしれない、とふと思いました。

 

今年の夏休みに久々に「ぼくの夏休み」シリーズをやってみようかしら、、、。

 

それだけの話でした。

(蛇足:このブログを書いていたら、ぼくの夏休み2の主人公のように絵日記を書いてみたくなりました。もっとも、彼のように日常の風景や出来事をしっかり観察し、その中から面白さ,感動,喜びを見出し、それらを多くの色を用いて表すことは私には出来ない気がします。)

 

広告を非表示にする