読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勉強

ブログ更新が滞っていて申し訳ありませんでした。 さて,本の話です。 南野森編『憲法学の世界』(日本評論社,2013)*1を先日(流し読みですが)読ませて頂きました。 長々とした感想や私よりちゃんとしたレヴューについては,他の方々がブログ等で挙げてらっしゃ…

備忘録④-新しい人権-

新しい人権や包括的権利等13条についての参考文献の備忘録です。 近年従来の人権カタログだけでは処理しきれない問題が多くあります。このような問題を処理する所謂「切り札」としての13条を検討する必要性はとても高いのです。 (そういえば,既述した「刑事…

備忘録③-「公共の福祉」の文献メモ-

某分野で当たり前の概念として用いられる"公共の福祉"。 その内容を果たして私は理解しているのかという疑問から,これから読みたい文献の羅列になります。(※敬称略申し訳ありません) 長谷部恭男『憲法の理性』(東京大学出版) 宍戸常寿「人権の限界に関す…

備忘録②-憲法と刑事政策の交錯-

今回は「憲法と刑事政策の交錯その②-犯罪報道と裁判員制度」の文献まとめ(仮)です。 犯罪報道。これらの報道を我々一般市民が見ると「被疑者」であるはずなのにあたかも「真犯人」であるかのように認識してしまうことおそれがあります。そして裁判員候補者…

備忘録①-憲法と刑事政策の交錯-

本ブログ(という独り言)の主目的は文献の備忘録にあります。 今回は「憲法と刑事政策の交錯その①-監視社会と人権」の文献まとめ(仮)です。 我々は防犯カメラ・監視カメラ・Nシステム・GPS捜査などなどの新しい捜査手法により容疑者の早期発見及び犯罪抑…

個人的某科目の勉強の仕方

もはや私自身、某国家試験勢から離れてしまった身ですが、後々後輩等に勉強の仕方を教える機会もあるかもしれないので、備忘録的に私個人的な勉強の仕方を記します。(あくまで個人的なものですし、所詮はただの学生なのでご了承ください) 第一段階:芦部憲…