読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームの話。 先日ようやく前々から購入したかった『VENUS&BRAVES(通称V&B)』*1というゲームを購入致しました。 『7〜モールモースの騎兵隊〜』*2の続編に当たる作品です。 「2000年に発売された『7〜モールモースの騎兵隊〜』の戦闘システム(ローテーショ…

アニメの話です。 アニメが放送される前より「今日も一日頑張るぞい!」という台詞で何かと話題だった作品『NEW GAME!』*1*2 原作の方は読ませていただいていないのですが,毎週楽しく見させて頂きました。 登場人物が皆それぞれ個性があり可愛かったです。 …

ブログ更新が滞っていて申し訳ありませんでした。 さて,本の話です。 南野森編『憲法学の世界』(日本評論社,2013)*1を先日(流し読みですが)読ませて頂きました。 長々とした感想や私よりちゃんとしたレヴューについては,他の方々がブログ等で挙げてらっしゃ…

アニメの話しです。 夏といえば何を連想されるでしょうか。 蝉、暑、緑、氷、川、山………そして、海。 というわけで(?)「あまんちゅ!」*1の話です。 話は「海とダイビングが大好きな元気いっぱい少女・小日向光。東京から引っ越してきた引っ込み思案な少女…

備忘録⑤-統治その1-

統治機構論のうち国会についての文献まとめ 「特集・国会の役割と改革の行方」ジュリスト1177号 「特集・議会制民主主義の行方」ジュリスト1311号 毛利透「政党法制」ジュリスト1192号164頁 今の域男「国会審議における一事不再議の問題点」ジュリ953号61頁 …

アニメの話。 今季見ているアニメ「planetarian~ちいさなほしのゆめ~」*1 ストーリーは「戦争により荒廃した近未来の廃墟を舞台に、ひとりの男とそこにとり残されたロボットとの奇妙ながらも心温まる交流を描いた作品である」とのこと。*2 普段はロボット…

備忘録④-新しい人権-

新しい人権や包括的権利等13条についての参考文献の備忘録です。 近年従来の人権カタログだけでは処理しきれない問題が多くあります。このような問題を処理する所謂「切り札」としての13条を検討する必要性はとても高いのです。 (そういえば,既述した「刑事…

先日ようやく大学の期末試験が終了致しました。 明日以降またブログを再開します。 ではでは。

ブログ開いてから一週間近く一応毎日投稿してましたが試験期間が迫ってきているので当分は不定期に投稿することになります。 では。

アニメの話。 前季において私が最初から最後まで一応見たホラー(サスペンス)アニメ*1『迷家』*2の話。 話は簡単に言うと現実世界が嫌になった様々な経歴の若者集団が都市伝説となっている「納鳴村」という村で新しい生活を送ろうとする話。もっともその村…

小説の話。 なんとなく久々に小説を読みたくなり買った『NHKにようこそ!』*1 数年前にアニメ*2として放映されたり、コミック化もされていたようです。 内容はwikiなどネタバレ系記事にある通りです。大学中退引きこもり男が少女の協力のもと脱引こもりを目…

備忘録③-「公共の福祉」の文献メモ-

某分野で当たり前の概念として用いられる"公共の福祉"。 その内容を果たして私は理解しているのかという疑問から,これから読みたい文献の羅列になります。(※敬称略申し訳ありません) 長谷部恭男『憲法の理性』(東京大学出版) 宍戸常寿「人権の限界に関す…

漫画の話。 先日本屋に行ったら目に付いた漫画『恋は雨上がりのように』*1 久々に新しい漫画が読みたくなって一気に1〜5巻まで買ってしまいました。 内容は簡単に言うと17歳の女子高生が45歳の男性に恋愛感情を抱くというものです。 あまりこのような恋愛系…

先日、「ぼくの夏休み2」というゲームについて短いながらも紹介させていただきました。 私が同じぐらい好きなゲームに「モールモースの騎兵隊」というPS2のゲームがあったことを「ぼくの夏休み2」の記事を書いていて思い出しました。 どのようなゲームかと言…

くだらない話。 外出する度にアイスが恋しくなる季節になったことを実感させられます。 それもちょっと贅沢なカップアイスではなく、コンビニやスーパーマーケットで比較的安価で販売されているガリガリくん*1、ガツンとみかん*2、あずきバー、スイカバーetc…

備忘録②-憲法と刑事政策の交錯-

今回は「憲法と刑事政策の交錯その②-犯罪報道と裁判員制度」の文献まとめ(仮)です。 犯罪報道。これらの報道を我々一般市民が見ると「被疑者」であるはずなのにあたかも「真犯人」であるかのように認識してしまうことおそれがあります。そして裁判員候補者…

七夕

七夕の話。 七夕の説話(伝説)をインターネットで検索してみたところ、自分は今まで羽衣伝説の方を元ネタだと勘違いしていたことがわかりました。 (改めて本来の七夕伝説読んだ後に思ったことが、羽衣伝説と本来の七夕伝説とを比べると前者の方がより伝説…

ゲームの話。 最近気付けば蝉の鳴き声が聞こえてくるようになりました。 大学一年生まで毎夏休みに「ぼくの夏休み2」*1*2というPS2のゲームで遊んでいたのをふと思い出しました。 (ある意味ただ田舎で過ごすということを「ゲーム」で追体験する(更にそれが…

備忘録①-憲法と刑事政策の交錯-

本ブログ(という独り言)の主目的は文献の備忘録にあります。 今回は「憲法と刑事政策の交錯その①-監視社会と人権」の文献まとめ(仮)です。 我々は防犯カメラ・監視カメラ・Nシステム・GPS捜査などなどの新しい捜査手法により容疑者の早期発見及び犯罪抑…

どうでも良い話。 連日暑いので作務衣を買いたいです。 作務衣を着て移動したいです。 多分小心者なので実現はしません。 浴衣ではない辺りが我ながら煌びやかさ(?)に欠ける気がします。 「作務衣(さむえ)は、禅宗の僧侶が務め、日々の雑事(作務)を行…

個人的某科目の勉強の仕方

もはや私自身、某国家試験勢から離れてしまった身ですが、後々後輩等に勉強の仕方を教える機会もあるかもしれないので、備忘録的に私個人的な勉強の仕方を記します。(あくまで個人的なものですし、所詮はただの学生なのでご了承ください) 第一段階:芦部憲…

アニメの話。 ふらいんぐうぃっち*1が先日(といっても大分前か)に終わってしまいましたね…。 割と所謂日常系なアニメでかつてーきゅうやあいまいみー等ギャグテイストがある破茶滅茶なものが好きなのですが、これらの作品と対局にあるような落ち着いたアニ…

dictionary.goo.ne.jp 「ちり【塵】 1 細かいくずなどが飛び散ったもの。ほこり。また、小さなごみ。「―一つない部屋」 2 俗世間のわずらわしさ。世俗のよごれ。「浮世の―を払う」 3 ほんの少しであること。多く、あとに打消しの語を伴って用いる。「―ほ…